About

◯◯と鎌倉とは?
​「地元目線」でも「よそ者目線」でもない新しいローカルプロジェクト

「◯◯と鎌倉」は、神奈川県・鎌倉市と日本各地のさまざまな地域との交流を促すインターローカル・プロジェクトです。

 

「地元目線」でも「よそ者目線」でもない新しいローカルメディアの発行や、ふたつの地域の資源とつくり手をつなぐ商品開発、交流型イベントやワークショップの開催などを行っています。

「地域間交流」をテーマに、複数の地域間で人、文化、資源、技術などさまざまなリソースの交換・循環を促すことで、地域活性、人材育成、新規ビジネスの創出、地域資源の活用など多くの地域が抱える課題を解決するとともに、地域同士の継続的な関係性を構築していくことを目指しています。

Member

​「〇〇と鎌倉」は鎌倉拠点のメンバーを中心に、それぞれの地域の自治体や企業、学校、など様々なレイヤーの人々とプロジェクトチームを作って活動しています

原田優輝 Yuki HARADA

1981年生まれ。「〇〇と鎌倉」編集長。株式会社カンバセーションズ代表取締役。

「DAZED&CONFUSED JAPAN」、「TOKION」編集部などを経て、Webマガジン「PUBLIC-IMAGE.ORG」編集長を務める。2012年にインタビューサイト「QONVERSATIONS」をスタート。企業のメディアディレクションやカルチャー、デザイン系媒体の企画編集・寄稿、ムック制作、トークイベントの企画、展覧会ディレクションなど幅広く手がける。Colocalにて「鎌倉ローカルラボ」連載執筆中。

狩野真実 Mami KANO

1980年生まれ。「〇〇と鎌倉」プロデューサー/コーディネーター。株式会社カンバセーションズ取締役。

一橋大学商学部卒業後、大手アパレルや外資系商社にてファッションビジネスに携わる。2013年に都会の女子に向けて島暮らしの提案や移住促進を行う「SUKI JAPANプロジェクト」を仲間とスタート、3年間で五島列島に100名以上の女子を連れて行く。現在は鎌倉を拠点に各種イベントの企画や運営、地域を超えた人材のコーディネーションなどを行う。2018年よりファブラボ鎌倉、NPO法人ルートカルチャーとともに、地域ででたゴミを地域内で循環させる「プレシャスプラスチック鎌倉プロジェクト」をスタート。

Please reload

© QONVERSATIONS Co.,Ltd.

  • Facebook
  • note_andkamakura